婚活市場における30代年収1000万円超の男性分析

 「高収入の男性と結婚したい」。今回の相談者・優香さん(仮名、32歳)は、はっきりとそう言いました。驚かされるのは、優香さんが「お金に困っていない」「貧しい家庭に育ったわけでもない」普通のOLであること。それでも「低収入の男性とは絶対に結婚したくない」とお金に執着しているのです。

こちらの記事から、30代年収1000万円という話がTwitter上も賑わっています。
そして、年収1000万円の男性を求めて婚活している人もいらっしゃいます。
今日は、ある婚活サイトから年収1000万円超の男性像のリアルに迫ってみます。

サンプリングの内容について

  • 39歳までで年収1000万円超の男性をピックアップ
  • サンプリング数としては、62件(但し無記入もあるため一致せず)
  • 調査は2017年9月20日現在
居住地区 サンプリング数
東北地方 1
関東地方 41
中部地方 5
近畿地方 13
中国地方 2
九州地方 2

子供は欲しいかどうか

これは愚問かも知れませんが、ほぼ全ての人が子供を欲しています。
そのため、昔でいうところのDINKSを目指される方は、事前の話し合いが必要でしょう。

高収入男性が望む年齢層

これが一番興味深いところだと思います。
細かく調査いたしました。

まず、年上OK・同じ年まで・年下オンリーで見てみます。

年上でも大丈夫という人が36.7%と比較的多いことに気が付きます。
そして年下のみという人は過半数を切っている。
これは、結構女性にとってはプラスのデータに見えるかと思います。

ところが、こういう風に分析すると、一変します。
男性が、求める年齢は何歳かという許容範囲を表にしてみました。
色がついているところが許容範囲。☆がその人の年齢になります。

ここからわかることは、若すぎてもターゲットに入りにくいのですが、年を取る事に顕著に許容範囲から外れていくことがわかります。

ここからわかる高収入男性がほぼ全ての人が求める年齢層は・・・

25歳~33歳になります

そこから上になると、急激にターゲットから外れていきます。
そのため、高収入男子をゲットしたい場合は、その年齢を大切にしてください。
念のため話しておくと、一番受け入れられる層は

25歳~29歳です

結局、なんだかんだ言って、高収入男子は若い子狙いです。
なので、20代から婚活するというのは正しい姿なのかも知れません。
逆に30歳を超えると、厳しくなっていくことをお忘れなく。

ちなみに、年齢と容姿(多くの男性は写真無しNG)を求めている人は多いものの、それ以外の条件は意外と緩やかなのも、面白い傾向だなと思いました。

高収入男子と仲良くなるためには

こういう厳しい話だけではなく、高収入男子と仲良くなるためにということで、彼らがどんな趣味を持っているかについても調べてみました。多い趣味について、ここでピックアップすることにします。

映画鑑賞、読書は基本

映画鑑賞及び読書は本当に多いですね。
彼らの好きな映画は本当に様々ですが、読書については、ビジネス書、村上春樹の比率が多かったように思えます。あとは英語の原書を読まれるケースも多いようです。
映画鑑賞や読書の話から、好きなものを聴いてみるのもいいかもしれません。

旅行、温泉、食べ歩きも

やっぱり出歩く機会が比較的取りにくい多忙な人達。
そこで、まとまった休みを旅行や温泉に行きたいという人も多いです。
海外旅行が好きな人と国内旅行が好きな人は半々。
時間の都合で国内しか行けない方が温泉旅行を好む傾向に。

食べ歩きは基本。色々なお店に行きたいという人が多いのですが、やはりこの辺を趣味にされる方は、美味しいお店に行きたいというのが伝わってきました。

仕事と勉強が大好き!

とにかく、この収入層の方は、仕事大好きな方が多い多い。
なので、趣味を仕事という方が全体の3割を占めていました。

休みの日は、予定が無かったら当たり前のように仕事をする人多いです。
また、仕事のスキルアップのために、学校に通っていたり、資格試験を受験される方。特にTOEIC等の語学系多いですね。仕事と勉強が生活の中心に。

結構多忙な方も多そうな気がします。
仕事と勉強を応援できる人はポイント高いかもしれません。

何気に多い、オタク趣味

アニメとゲーム大好き!こういう人も本当に多いですね。
偏見の目で見るつもりはありませんが、やはり勉強をまじめにした結果、良い会社に勤務し、仕事に恵まれ、高収入になった方が多いようで、インドアな人が多い傾向にあります。

そのため、アニメやゲームの趣味が続いている感じがします。
なので、この辺のオタク趣味に理解のある方は接しやすいかもしれません。

結局のところ・・・

インテリジェンスな趣味が多いんですよね。
こういう高収入男子に対しては、ある程度の知的能力が必要だと思います。
会話がしっかりと成立すること。これ結構大事かもしれません。

そのためには、様々なことを経験するか、知力を付けるか。
若さで勝負するのでなければ、そういう中身で勝負する努力も必要です。

年収1000万円にこだわらない選び方

若くて収入ある男子は、当然のことながら争奪戦になります。
その中で勝ち上がるには、多くの女性から選ばれるための、見た目と若さ、もしくは中身が求められます。

そのため、少し引いてみてはいかがでしょうか。
年収1000万円にこだわるのではなく、安定した人とのお付き合いとかですね。

実際、高収入男子の多くは、会社経営者、営業等の年収自体が安定しない方も多くいらっしゃいます。また、退職金等も無い方もいるため、生涯年収ではどこまで稼げるか未知数なこともあったりします(業績連動報酬の方もいらっしゃいました)。

また、高収入の方は、会社での競争も激しく、成績が悪化した場合は報酬カットや首切りの対象になることも多かったりします。特に外資系の企業は尚更です。その競争の中で落ち込んでも応援できるかどうか。それも考えてみるといいかもしれません。

年収が500万円でも、そこからより給料があがって、尚且つ退職金も出るような人なら、その方が結婚相手としては安心できるということもあります(もちろん、退職金も絶対ではありませんが)。だから国家公務員が人気になるっていうのもありますよね。

年収は過去を映したものにすぎません。来年になったら減ることもあります。
そのため、年収だけを見ずに、相手の仕事や今を見つめて、将来どの程度の男になるかを見定めるのも、婚活をする上で大切だと思います。収入というのであれば、今を見ずに、将来をしっかりと見ていきましょう。

婚活迷子にならないために

先ほどお話しました通り、年収1000万男子は、基本的に若い子を望みます。
そして、趣味や知識レベルも高いものが要求される傾向にあります。
更には、売り手市場になるので、30代はおろか、40代でも人気の傾向があります。

その戦いを続けて、結局のところ良縁に恵まれないまま年を取るというのもリスクになります。そのリスクを超えてなお目指していく生き方もいいでしょう。しかし、婚活を収入というものだけで考えずに、しっかりと相手と自分を見据えて、お金だけではない幸せを追っていくことも大事だということを心にとめて頂けると嬉しいです。

婚活迷子になりやすい人は、目の前の条件に翻弄され、自己を顧みず、相手に望むことしか言わないことです。その相手に自分が相応しいかっていうのを考えられる人は婚活迷子になりにくいのが正直なところです。

また、貴方がしたい生活は、年収1000万円でもできるとは限らないし、逆に年収500万円でもできることだったりします。そこも良く考えてみると良いかもしれません。

願わくば、皆様の婚活がうまく行きますように。



良かったら、こちらの記事もどうぞ!

ネット婚活の前にプロフィールを書こう!第4回を迎えました。 今回は、自己PRを書く前に、書いてはいけないこ...
↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
スポンサーリンク