出会い系サイトと婚活アプリで異なる3つのポイント

婚活アプリを使ったことが無い人にとっては、出会い系アプリと変わりが無いと思う人も多かったりします。確かに、アプリで知らない人。おまけに異性だけターゲットにするということだけで考えると、出会い系と何が違うのかという風に思われるのも判ります。

まずは、この出会い系サイトと婚活アプリ(婚活サイト)の違いについて、明確にしてまいります。

婚活アプリの参加者は独身限定

まず、婚活アプリの参加者は独身限定です。
これは婚活という明確な目的がある以上当然のことになります。
全てのサービスで、独身であることが必須条件とされています。

これに対して、出会い系は独身者だけをターゲットにしていないため、遊び目的でサイトに登録している既婚者も数多く存在します。むしろ真面目なお付き合いを目的として出会い系に登録している方は皆無と言っても過言ではありません。

身分証明書の提示義務付け

最近は出会い系サイトでも「出会い系サイト規制法」の施行以降、身分証明書の提示が義務付けられることになりましたが、目的が未成年者でないことを確認することであるため、健康保険証等を提出して終わりだったりします。

これに対して、婚活アプリでは下記(参考「YouBride」)の通り、年齢認証は当然のこと、本気度のアピールのため、独身証明書、収入証明書、学歴証明書、資格証明書等の証明書を送付することによって、婚活アプリでは真剣に婚活をしている人のアピールにもなります。

これらの証明書の提示を運営側が承認することにより、プロフィール内容が正しく記載されているものの証明になり、安心できるのは婚活アプリならではです。

基本、男女共に会費を払うシステム

出会い系サイトは、男性は女性にメールを送るごとに30~100円程度の費用が発生したり、プロフィールの閲覧ごとに10円かかるシステムになっています。逆に女性は無料が当然で、サービスによってはメールを受け取ることで換金可能ポイントが付与されるものがあったりします。

それに対して、婚活アプリは男女共に有料課金が基本になっており、女性は無料でもやり取りが可能なサービスも存在するものの、実際に自分自身でアプローチするには有料じゃないとやりにくかったりします。

つまり、積極的に活動している人は男女共に会費を払う仕組みになっており、サクラや冷やかしが少ないというのも違いに挙げられます。

まとめ

まとめると、婚活アプリでは

1.独身限定
2.各種身分証明書の提示が求められる
3.男女共に会費を払う仕組みになっている

ということから、独身でかつ身分が証明された、本気のユーザーが多いということがわかります。

本ブログでは、婚活がキーワードになりますので、基本しっかりと運営されていることが確認されている婚活サービスをご紹介してまいります。

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
スポンサーリンク