「理想の異性を検索してみよう!」ネット婚活の前にプロフィールを書こう!第3回

ネット婚活を始める前に自己PRを作る準備をすることをお勧めします。 冷静に自己の要望と自分自身を見つめることで冷静に婚活ができるようになり...
前回は、自分の好みの異性像を描きました。 今回は、ありのままの自分自身を書くことで、自己分析をしてまいります。 嘘を書かない。見...

いよいよ、プロフィール編も3回目を迎えます。
ここでお話するのは、まず思いのままに理想の異性像を書いて頂きましたが、その異性がどのくらいいるのかを調べてみることにしましょう。

理想の異性を検索してみよう

理想の異性像ができたということで、自分の望む人がその婚活サイトに何人いるかを検索して調べてみましょう。ここまでは無料会員でも簡単にできるので、Youbrideに登録したり、ブライダルネットに登録してみるのも良いかと思います。

ここでも、Youbrideとブライダルネットを利用させて頂きます。

実は、Youbrideだけでも良いのですが、前にお話したように年収700万円以上だと収入証明書が必要なため、Youbrideにおける人口が物凄く少ないことから、女性が求める男性像を調べるために年収を自己申告で記載できるブライダルネットで婚活をしている女性に検索をして頂きました。

今回は男性側女性側それぞれ一つずつ事例を基に検索した結果を掲載いたします。


30代年収1,000万円以上の婚活人口(女性→男性編)

まず、女性が求める男性像として、

http://www.yomiuri.co.jp/life/hobby/love/20170914-OYT8T50028.html

こちらの方の要望をまとめてみることにします。

30代で年収1000万円以上。
さて、婚活サイトにおいてはどれくらいいるのでしょうか。
年収については「ブライダルネット」の男性会員を検索してみることに。
(2017年9月19日独自で調べたデータになります)

3,259名/126,704名(2.57%)

全国合わせて、12万人のうち、3,259名。
この中から1人を探し出さないといけない訳です。
これは相当大変なことになるでしょう。

ちなみに、何歳でもいいから1000万円だとこうなります。

7,267名/175,514名(4.14%)

増えましたが、それでも狭き門です。
それくらい年収1000万円を望むのは大変なことなのです。
世の中の年収1000万円を狙う女性の方はご参考にしてください。

40代男性を求める20代女性の人口(男性→女性)

では、今度は逆に40代男性を求める20代女性の人口を調べてみましょう。
40代の男性も相当頑張って、若い子を探そうとしております。

そして、こういう人に限って・・・面食いです。

そういうわがままも受け止める意味でも、今度は写真掲載されている20代で、なおかつ40代の男性でもOKという女の子の人数を、Youbrideで調べてみることにしました(2017年9月19日現在)。

302名/37,434名(0.81%)

はい。これが現実ですね。

写真掲載されていて、更に20代で40代でもOKという女の子は、全国合わせても0.81%しかいないのです。さらに言うなら、この中で40代が良いって子まで探すとそれはそれはとんでもない確率であることは言うまでもありません。

ちなみに、写真掲載無しの女の子まで含めると、

956名/37,434名(2.55%)

と、一気に確率は上がりますが、それでも相当狭き門であることは良く判ります。

ある程度許容範囲を設けましょう

正直、この2例は極端です。ただ、余りに条件が厳しい場合、このようにかなり狭き門を戦わなければならないということを理解する意味でも、良い例だったと思います。

定量的条件というのは、得てして高いレベルを求めてしまいますが、本当にそれでなければいけないのか?っていうことをよく考えて、自分が望む相手が、その婚活サイトにどれくらい居るのかを知ることは非常に大切なことです。

確かに、その理想としている人がいなければ、そこで婚活する意味はありません。
しかし、その婚活サイトだから居ないのか、それともこの広い世界的にいないのか。
そこを良く考える必要があります。

妥協した方が良いという意味で言うのではありません。
しかし、自分の理想とする人が何人婚活しているかっていうのを知っておかないと、いくら頑張っても無駄足に終わる可能性も高い訳です。

そのため、余りにも理想の異性像の人口が少ない場合は、許容範囲を自分なりに作ってみた方が婚活はスムーズに進むということをここで覚えておいて欲しいと思います。

理想の異性がどんな人を求めているかを見てみよう

自分にとっての理想の異性がどのくらいいるかリサーチした後は、検索した結果から、プロフィールを拝見してみましょう。プロフィールは情報の宝庫。当然のことながら、皆様色々と書いています。

その色々と書いていることをよく読むと、自分の理想の異性が、どういう人を求めているか、どういう趣味を持っているか等、色々なことが見えてきます。

ここを分析することもすごく大事なのです。

例えば、30代・年収1000万円の男性がどのような人を求めて、どういう生活をしているか。20代・40代でもOKという女性がどのような男性を求めているか。

自分の理想とする異性が、思いのままに書いているプロフィールを見ると自ずとわかってくるはずです。主要なキーワードをメモして、条件をチェックしていくと、自分がその相手に何ができるだろうか、自分には何が足りないだろうかがわかってきます。

そこを理解しないと、その理想の異性に対して、フックするプロフィールや自己PRが書けないのです。ただ、自分はこういう人です。そしてこういう人と結婚したいです。では、自分のことしか伝えていない訳で、相手のことをさっぱり考えていないプロフィールになります。

いいね!が空から降ってくると思わないで!

いいね!をしたくなる、そしていいね!を返したくなるというのは、必ず下記のような感情があるはずです。なければ、そうそういいね!返さない。

  • 写真を観て、タイプだと思った
  • プロフィールを見て、条件が良いと思った
  • プロフィールを見て、共感した

大きく分けて、この3つなのです。
なので、外見や条件に自信のある方はともかくとして、相手に共感してもらうフックとなる部分を作るのが、普通の人が幸せを掴む最大の近道になります。

そういうところを踏まえて、理想の異性がどのような人を求めているかを調べてみることをお勧めいたします。少なくともプロフィールを見るだけでしたらタダなので。

そして、こういう人を求めているのかな?とか、この人と話をしたいという人が見つかったところで、いよいよ自己PRの作成に移りましょう。

次回は、相手にフックする自己PRの書き方をお話します。



↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
スポンサーリンク